Investment for your life

投資だけでご飯を食べている私の日々の投資レポートです。今までノートに書き写していましたが、ブログにした方が効率的だと思い、こちらにメモ書きで書いていきます。

5月7日投資情報レポート

昨日5月6日は米国雇用統計の発表でした。

 

失業率:5.0%(予想:5.0%、前回:5.0%)
非農業部門雇用者数変化:16万(予想:20.2万、前回21.5万)
平均時給:前月比+0.3%(予想:+0.3%)、前年比+2.5%(予想+2.4%)

スポンサーリンク

 

 

結果は市場予測より悪化。ドルは一時下落をしましたが、既に雇用統計前の水準を回復しています。

 

 

それもそのはず、いくら景気の良しあしの水準とされる20万人増を達成出来なかったとはいえ、米国の失業率は5%とかなら高水準。転職が多い米国においてこれ以上雇用環境の促進をする余白がないのです。ですから、非農業部門雇用者数が伸びないのは当然。米国は今も好調です。ニュースでは「最近米国の経済指標の悪化が目立つ」等とありますが、あくまでそれは「市場予測に対して」の相対評価であって、絶対評価でプラス指標が出ています。よって私の今後のドル高シナリオは継続です。

 

 

さて、本日朝7時の定点観測ですが、目立ったのは昨日に引き続き独伊スプレッド(独国債と伊国債の利回り差)が133ポイントから135ポイントに拡大しました。

 

 

よって昨日と同様ユーロ売りですが、昨日エントリーしたばかりなので本日はステイとします。現在このストラテジーでエントリーしている為替は

 

▽AUD/USD short 2     0.75036

▽EUR/GBP short 1     0.78698

▽EUR/USD short 3     1.14595

▽GBP/AUD long  1     1.93580

 

 

です。現状、EUR/GBPのみ若干マイナス運用となっているものの、大きく利益を出せています。

スポンサーリンク

 

 

株価指数についても、

 

▽NYダウ short 1    17602.1

▽DAX      short 1      9961.3

▽日経平均 long 1   15688.2

▽日経平均 long 1   15945.0

 

 

でエントリーしており、NYダウが若干のマイナスであるものの、こちらも利益を出せています。順調に、スプレッドが適正水準に収まれば、決済をかけて利益確定します。

 

 

p.s.アメリカの選挙の動向が気になります。トランプ氏が大統領になれば、日米関係や国際協力はどうなってしまうのでしょう・・・

スポンサーリンク