Investment for your life

投資だけでご飯を食べている私の日々の投資レポートです。今までノートに書き写していましたが、ブログにした方が効率的だと思い、こちらにメモ書きで書いていきます。

1-3月GDP1.7%増|市場予想を大幅に上回る|2期ぶりのプラス成長

スポンサーリンク
 

本日朝7時の定点観測とファンダメンタル、テクニカル分析によるシグナル等は下記の通りです。

 

※株価指数は主に日経225先物、NYダウ先物、ドイツDAX先物を取引します。

※為替については、主に次の通貨(USD,EUR,JPY,GBP,AUD)同士のペアを取引します。

 

 

▽本日のシグナル

<株価指数>

なし

 

<為替>

なし

 

 

▽本日の決済

<株価指数>

なし

 

<為替>

なし

 

 

▽保有ポジションと含み損益

<株価指数>

・NYダウ 17602 short(1)  +658USD

・日経225 15688 long(1) +1,070,870JPY←好調

 

<為替>

・AUD/USD short(2)  +4176USD←好調

・EUR/GBP short(1)  +497GBP

・EUR/USD short(2)  +1865USD←好調

・GBP/AUD lonng(1) +4404AUD←好調

 

 

▽ひとことコメント

株価指数並びに為替取引の運用成績が好調です。毎日メルマガ配信しているので保有ポジションに嘘を言っていないのはチャートを見れば分かっていただけるはず・・・笑 現在好調である理由として、

①NYダウと日経平均のスプレッドに不均衡が発生しており、それが修正されつつあること(昨日説明したロングショートです)

②オーストラリアの政策金利引き下げによる影響にしっかり乗れていること(AUD安に向けてポジションを保有しているということ)

③ドイツ債券利回りやイタリア債券利回りの実態を見ていると、ユーロ経済の不安定さは明白であり、EUR安に向けてポジションを保有できていること

 

ざっくり説明するとこの3点です。そんなに難しくはないですよね?

 

皆さんも、ご自身で考えた結果、私ロブを信用いただけるようならぜひ一緒にトレードしましょう!

 

p.s.日本の1-3月GDPは市場予想をはるかに上回る+1.7%でしたね。しかし、うるう年効果も含まれる上、企業業績も思わしくなく、かつサミットを控えているので今回のGDPの報道で大きく相場が動くことはありません。これはノイズとして処理しましょう。個人的には、サミット後に出てくると思っていた消費税増税延期のニュースが最近漏れ始めていますね・・・これが一番心配です、、、

スポンサーリンク